ガラスリペア

投稿日 2014年10月19日
カテゴリー 車買取査定

皆さんは、自分の自動車をガラスリペアというのはやったことがありますか?ガラスリペアというのは、ガラスに小さなヒビが入ってしまったときに、そのヒビが空に広がってガラスがわれることのないようにするための修理です。

方法はなかなか面白いです。自動車のフロントガラスというのは、合わせガラスといって、2枚のガラスが重なってあり、その隙間に樹脂が流し込まれているんです。なのでガラスにヒビが入ってしまった部分に、そのガラスの隙間に入っている樹脂と同じ成分の樹脂を流し込むんです。

まずは、空気が入らないように、ポンプを使って十分にガラスがヒビが入ってしまった部分から空気を抜き取ります。その次に、樹脂を流し込みます。そしてその上にカバーをして、紫外線ライト当てるんです。その樹脂は、紫外線を浴びることによって固まる性質があるんです。固まった後は表面を丁寧に鳴らして出来上がりです。

作業自体は簡単なのですが、きれいにやるのはなかなか難しいです。自分でやると、それ以上ヒビが広がらないようにすることができても、ヒビが見えなくなる位きれいにするというのはかなり難しいです。見た目もきれいに仕上げたいのであれば、ガラス専門の業者さんに頼むのが一番です。
廃車 料金

コメント